終活

70歳を2年後に控え人生の総仕上げとして身の回りの整理整頓を始めた。まずは自分の代で得たもの(主に購入したもの)は次世代に残そうと思わないで処分する! そう固く心に言い聞かせて始めた終活。意気込みまではよかったが・・・・・・あれもこれも

引っ張り出しては「思い出」が邪魔をし、時間だけが過ぎていき一日が終わる・・・・・・「明日こそは!」と翌日の作業の段取りを考えながら眠りにつく。そして終活作業二日目 「断捨離断捨離」とつぶやきながら作業開始! 必要性があるかないかの二者択一でより分けていく。きょうは台所用品を一気に片付けたのでシステムキッチンの空きスペースが広々となり気分までウキウキした。三日目の明日は押し入れ&クローゼットの服を片付けようと決め眠りにつく。終活三日目 押し入れの中をのぞき込み

何十年もの間、わがもの顔で鎮座している布団類、毛布類、座布団類を引っ張り出す。一昔前、冠婚葬祭のとき親戚の人たちが泊まっていたので出番があった寝具類たちも 今では大きな不用品となってしまった。二日目と同じ二者択一でより分けていき手際よく片付ける。これまた押し入れの空きスペースが広くなり満足満足。次にクローゼットを見渡す。若い頃はスリムだった

わたしのボディ。中年以降 右肩上がりに成長した我が身に合わせて服のサイズもさまざま・・・・・・ チョット時間がかかりそうなのでボチボチの歩みで取りかかることにしよう。自分が死んだら全部全部 ゴミなんだと思わないと終活なんて中々 終わることができないのかも?と思いながらしみじみ人生を振り返るわたしがいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です